古いDELLのPCで20H2へのアップデートが失敗する件

2015年製のDELLのノートPC「Latitude E5550」を仕事で使っていますが、Windows10を1909から今年の秋のメジャーアップデートである20H2に更新しようとしたところ、最終段階でブルースクリーンが表示され、強制的に元のバージョンに戻されました。

ブルースクリーンの内容を確認したところ、プリインストールの「Dell Protected Workspace」がインストールされていることが問題でした。このソフトウェアは既にサポートが切れているのでアンインストール推奨のようです。

「Dell Protected Workspace」をアンインストール後に改めて20H2に更新を試みたところ、無事に完了しました。同様の現象の方がいらっしゃれば参考まで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました