春日奴国あんどん祭り

本日10/30は、福岡県春日市で開催されました春日奴国あんどん祭りYOSAKOIステージに参加しました。
あいにくの雨でしたが[:雨:]、各チームとも雨をものともせず、気合いの入った演舞を披露していました。
北九州わっしょい百万隊は、今回は大人4名、子供2名での参加です。
最初の演舞は、春日公園こども広場(メイン会場)です。
土の状態は非常に悪いため、少人数ということもあり舞台上で演舞しました。演目はもちろん「Queen(no.9)」です。

今日はチームの皆さんそれぞれがとても素晴らしい演舞をされていました。
そんな中、お姉ちゃん、やってしまいました…
途中で袴が脱げかけ、一時舞台袖に避けて、袴を直して続きを踊りました。
審査対象だった上に、皆さんの演舞が素晴らしかっただけに、申し訳ないです。
今回は演舞は2回ですので、次が最終演舞です。
クローバープラザグラウンド(サブ会場)に移動しました。
陸上競技もできるようになっているようで、土のグラウンドの回りをアンツーカーでレーンが引かれていました。
土の状態が非常に悪いため、少人数チームの中には、後ろに下がってアンツーカー上で演舞するチームもありました。
多人数チームや、ノリのよい(?)チームは、土(というか泥)の上で演舞していました。
もちろん、演舞後の衣装は泥はねや膝をついたりなどで泥だらけです。
北九州わっしょい百万隊はどうするのかと、チームの方に聞いたところ、アンツーカーでQueenを踊るとのことでした。
客席から遠くなりますが、Queenだと座ダンスがあって泥に直に座ることになるため、仕方ないでしょう。それか、演目を変更するかです。
さて、演舞の時刻が近づき、凪パパも撮影スタンバイしていたところ、チームの方が来られて「前で踊ります」と言ってきました。
「えっ?」と思っていると、本当にチームの皆さんが泥濘の中に並び始めました。
観客の中にもQueenを知っている方も多かったようで、演舞前からどよめきが。

大人が座り込むところで大歓声が。そして、最後に子供が座って俯くところでさらに歓声が。
個人賞はお姉ちゃんがいただいたのですが、引き上げていくところを係の方が追いかけてきて、「感動しました」と、全員に個人賞をいただきました[:ハート:]
こちらこそ、暖かいご声援、ありがとうございました[:にこっ:]
チームの皆さんも、あえて泥の中で演舞して、かえって楽しかったようです。
その後、解散し、チームの皆さんは引き上げられ、凪パパ一家は、弟くんが「焼きそば」と言うので残って食事をしました。
そのうちに表彰式に。残念ながら入賞(A,Bブロック各3チーム)はしませんでした。
お姉ちゃんは、先日の小倉城よさこい祭りでメル友になった「肥後真狗舞」の大学生と今日も何度か会い、どうやらいっしょに総踊りを踊ることを期待して残っていたようでしたが、その方が総踊りに出ないと聞いて、お姉ちゃんも総踊りに出ないことになりました。
大賞演舞の「舞龍人」「流」の演舞を観て、帰宅の途につきました。
次は11/5の北九州市立大学大学祭「青嵐祭」、そして11/6の起業祭まつりで今年は終了です。
前回のブログで書いた、九州国際大学大学祭は参加を見合わせることとなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました