電球の交換

先日、自宅の照明を一部、電球交換しました。
半年ほど前に、洗面所の電球が切れたときに、電球型蛍光灯に交換しました。
ところが、このタイプは室温が低いと明るくなるのに時間がかかり、洗面所には不向きと判明。とりあえず、浴室の照明と交換しました。
先日、ふと思い立って、パナソニックのパルックボールプレミアQの2個セットを結構リーズナブルな価格で購入。この製品は、蛍光灯だけでなくクイックランプを内蔵していて、照明を点けて約一分間は、クイックランプが点灯することで立ち上がりの照度不足を解消しています。
パルックボールプレミアQは、洗面所と浴室に取り付けました。
他には、電球型LEDが安価に販売されていたので、購入してみました。
まずは、よくある電球と同じような形状のものです。
LED電球1
海外メーカー製のものです。明るさは問題ないのですが、スイッチONから2,3秒経過してからパッと点灯します。販売店に確認したところ、仕様だそうです。商品説明に書いてないぞ~[:ぷん:]
このタイムラグがあまり気にならない、トイレに取り付けました。
もう一つ、ちょっと変わった形状の電球です。
LED電球2
こちらは、就寝時に本を読む時の電気スタンドに使っています。これは特に問題はなく、購入してよかったと思います。
たいていはちゃんと照明を切って寝るのですが、切り忘れていても発熱が少ないので、万が一の事故の可能性が減るのも安心です。
あと、自宅で白熱電球が残っているのは、階段の照明だけです。これは、またいずれ交換したいと思います。
廊下(100Wハロゲン)と玄関(60W+60W+60W+80Wハロゲン)は、当分どうにもできないです[:しくしく:]

コメント

タイトルとURLをコピーしました