初代永世竜王は渡辺竜王の手に

渡辺・永世竜王が誕生 将棋界初の大逆転劇 3連敗後4連勝
渡辺竜王vs羽生四冠、両者ともに永世竜王をかけた七番勝負の第七戦の決着がつきました。
羽生四冠、三連勝の後のまさかの四連敗。渡辺竜王が三連敗の後、気持ちの切り替えがうまくいったというのもあるでしょうが、あくまで凪パパの素人目に見てですけど、四戦目以降の羽生四冠は、疑問手が多かったように思います。
凪パパは、仕事をしながら画面の隅でリアルタイムでインターネット棋譜観戦していました。また、自宅で気になった局面を将棋ソフトに解析させてみたりもしましたが、やはり疑問手と思ったポイントは失着か、失着といえなくとも最善ではない手でした。
永世七冠という前人未踏の、そしてこれからも誰もなしえないのではないかという偉業を前に緊張してしまったのでしょうか。
何はともあれ、渡辺竜王、竜王位防衛、五期連続獲得による初代永世竜王資格取得、おめでとうございます[:カクテル:]
以前のブログで、12月を待たずに羽生永世竜王で決着なんて書いてすみませんでした[:汗:]

コメント

タイトルとURLをコピーしました