続・迷惑な勧誘電話

前回の記事で違法勧誘電話について書きましたが、先程、先日とは別の業者から電話がありました。
よくあるマンション経営の勧誘ですが、以前もかかってきたところなので、「特定商取引法に違反していますよ」と指摘したところ、「以前とは別の物件なので違反ではありません」だそうです。あきれてすぐに電話を切りました[:ぷん:]
そもそも、前回は物件の内容を聞く以前に、用件そのものを聞いた時点で断っているのですけど…
いずれにしても有無を言わせず電話を切っていますけど、本当に勧誘する物件が違ったり、商品が違ったりすると違反ではないのだろうか。もし本当なら特定商取引法には抜け穴があるってことになりますね。事実上何度電話かけてもOKってことに。先物取引なんかだと、「前回電話した時と相場が変わっているから別の商品として電話しました」とか。
まあ、「勧誘ではなく説明しているだけですから違反ではありません」とかいう連中ですから、おそらく嘘でしょうけどね[:にこっ:]

コメント

タイトルとURLをコピーしました