無能な世襲総理はどう収拾をつけるのか

失政としか言えない後期高齢者医療制度、様々な物価上昇に対して無策どころか「しょうがない」ですませるその無責任ぶり…
その中で唯一まともなことを(結果的に)したのが、暫定税率撤廃によるガソリンや自動車取得税の税率ダウン。
おそらくせっかく実行したまともな施政を、なしくずしに元に戻そうとするようで、政府は「混乱は起こらない」と明らかに国民視点無視な発言をしています。
さて、総理は「道路特定財源を一般財源化する」と明言しましたが、ごり押しで再議決しようとしている道路特措法案とは矛盾しています。
国民(利権絡みの連中を除く)にとりあえず人気回復のためにちょっとアピールしたけど、先送りしておいて、あとは何とかなるってのが見え見え。
そもそも暫定税率の失効…というか、期限内に新たな財源とクリーンな使途のための税制改革をしておかなければいけなかったのですが、この問題は日本の政治家の先送り体質が招いたしわ寄せです。それらは全て国民(利権絡みの連中を除く)に…

コメント

タイトルとURLをコピーしました