クジラ肉復活

クジラ肉復活 “文化”保護へなつかしメニュー
凪パパはクジラ肉好きです。時々刺身とかベーコンとか食べてます。でも、やっぱり他の食材に比べて高いのですよね。
IWCでもようやく捕鯨国叩きを政治の道具に使うことの過ちが理解されてきたのか、半数以上が捕鯨支持だそうです。でも、商業捕鯨再開には確か4分の3の承認が必要だったと思いますので、まだ先が長そうです。
凪パパが一番好きなのは尾の身の刺身ですけど、とても高くて長いこと食べてません。解凍の赤身ならスーパーでも普通に売ってますし、最近は近くのスーパーの唐揚げ専門店でクジラの唐揚げの販売を開始しました。なかなか美味しかったです。
たまに食べたくなるのがベーコン、百尋ですね。
日本の誇る大切な文化、私たちの世代、子どもたちの世代が忘れないようにしていかないといけないですね。
捕鯨に限ったことではなく、今の日本人は自国文化を忘れていってますから。

コメント

  1. とろろ より:

    私も鯨すきです。カツにして食べたいですねー!
    日本は経済的にもいまや生産の国ではなくなっているそうなので、ほんとヤバイですね。
    隣国やアメリカのいいなりです情けない。

  2. ポルヘ~ より:

    私なんかの小学校の頃の給食といえば
    まずクジラを思い出しますね。
    そりゃ数が減って絶滅するのは困りますが
    牛や豚のように「増やしては食べる」
    という事を考えれば良いのかなぁ
    これって人間の浅墓な考えかなぁ・・・
    日本ってばアメリカにゴマ擂ってないと
    生きていけんのでしょうか。
    ほんと情けない・・・

  3. >ボルヘ~さん
    浅はかな考えじゃないと思いますよ。家畜はよくて鯨はダメだという方がおかしな話です。
    日本経済が絶好調の時に、日本が捕鯨国ということに目を付けて動物愛護団体が扇動されて政治の道具にされちゃっただけです。
    アメリカに限らず主張すべきを譲ってきて今の日本があるのでしょうね。日中、日韓、日米など、いろいろ問題抱えてます。そのツケが自分たちや次の世代に悪い形で残らなければよいのですが…

タイトルとURLをコピーしました